【Extra】アンディに行ってみた

6/17(日) 僕はどうしても行かなければならない場所があった。

埼玉県の越谷にあるホビーショップアンディ様。

同じサークルでご一緒させて頂いているかどっこさんのホームだ。

神奈川(しかも海よりからすると)から2時間以上…旅行やないけ…と思いつつ、

重い腰を上げたのも、かどっこさんがアンディ様主催の「ヘビメタ・コン」で

「マスクド13賞」を獲得したからだ。


HPを見て受賞を知っていたのだが、本人が一向にアップしないので、聞いてみると、

「賞状を受け取ったらひっそりあげようかなと思っていた」と。


…これですよ、かどっこさんは。

そんな人柄を知っているし、何より写真もパパッと取るので、

これは「あまり模型を作らない鉄砲玉広報キリオ」が行くしかないと一念発起!

上野東京ラインがなければ死んでいましたよw


南越谷でかどっこさんと待ち合わせ、おそらく地元の路線で北越谷まで。

徒歩5分でホビーショップアンディに着きます。そこでケンイチロウさんと合流!

「駐車場に誰も止めてないから、今はあまり人がいないかな?」

(…常連さんの車やバイク、自転車も知ってるんだ…)


と外観を撮影しながら店内へ。

「おー!かどっこさんおめでとう!やったね!」

店長さんの笑顔と元気な声に迎えられたのだった。


アンディは関東、それ以上の地域でも知られている有名店だ。

プロモデラー、作例ライターをはじめ、GBWCのファイナリストやチャンピオンを生み出しているのだ。

所狭しと展示された作品は、雑誌作例やファイナリスト達のそれだ。


ガイアカラーの本社が川口にあるからか、ガイアとの結び付きも強い。

というか、普通見れないレアなカラーが普通に陳列されているでそれも驚き。

目に着いたカラーは自然と買い物かごへw


かどっこさんの受賞作品を角度を変え何枚も撮影しつつ、

店長さんとお話させて頂くと、何故この店なのかという理由の一端がわかるのだ。


ほぼ店内の商品は定価。個人店ではそういうものだと思います。

今ではネットでそれより安く買えたりするでしょう。

それでも僕は、20円高くても、そこに付加価値を見出します。


コミュニケーションから得る縁や、情報はお金では買えないからです。


綺麗事かも知れませんが、趣味ぐらい綺麗事を言わせて下さいw

実際、店長さんは六等星の事をすごく知っていてくれました。

また、メンバーが来てくれた事も喜んでくれました。


名前を売るのではなく、作品で魅せれば、どんなモデラーがわかってくれます。

そもそも、名前なんてろくに覚えてもらえません。覚えているのは「作品」です。


1時間ほど滞在させて頂き、最後にお会計をすると、レジ前にSP接着剤が。

「これどうですかね?」とかごに入れようとすると、

「今はこれだねぇ」と見た事のない接着剤(1200円!)を勧められる。

「コトブキヤもやるんでしょ?ABSもポリも点付けでくっつくけど?」

「すいません、これ追加してください」






Sixth Magnitude Star

模型倶楽部六等星のHPです。当サイトは著作権を有しています。コピーライトの表記も一応していますが、画像・意匠・ロゴ・リンク、その他すべての創作物において、無許可の使用を禁止します。