八展の"Infinity Girls"に参加させて頂きました

HJでライターをされているRikkaさん主宰で、2018年5月からこの企画は始まりました。

CPMの時点で、完全にメンバーが決定したと記憶しています。


モデグラのファジーさんをはじめ、昨年の駿河屋最優秀賞のこんふぉーこさん

駿河屋、P-1、イエサブと三冠のすとらいぷすさん

昨年八展コンペで裏花賞と3位を受賞しているコジローさん

コトコン佳作から、今年の八展で2位を獲得したニルエットさん

CPM、ろうがんず(ハズキ賞)を受賞したかずさん


★基本箱出し(箱の中にあるもので制作する)

★MSGはコンセプトに合わせ最小限

★プラ板やパテでの大幅な形状変更禁止

★仕上げの塗料は統一する


といったレギュレーションに合わせ、半年間、最大限精進しました。

昨年の夏以降、それぞれがどんな作品を作っていたかでわかりますよね。

すべては、このシンプルな作品を作るためだったのです。


Rikkaさんの「これから作ってくれる人を増やそう」という思いに共感し、

箱出しを徹底した訳です。


展示会では、うまい人はごまんといます。

私は毎回凹まされますがw 何より勉強になります。

出来る事がまだあると、ワクワクしてくるのです。


そういう現状の中、見て頂くには、相応の工夫が必要です。

「足を止めて頂ける作品」

私はこれに尽きると思います。

プロの方も相当卓の魅せ方を考えていらっしゃいます。


こうした素晴らしい企画にプロからお声掛け頂ける。

本当にありがたいと思っています。

作り続けていれば、いつかご縁は開けると思います。


同時に、六等星でも、FYNでも、patchworkでも、企画を立てています。

声がかかるのを待つのではなく、自分たちで企画を作るのです。

なければ作る。

プラモデルと同じですね。


六等星メンバーも精鋭ぞろいです。

模型がうまいのではなく、うまくなりたいという精鋭がそろっています。

もし、楽しそうな企画があれば、是非お声掛け下さい。


Sixth Magnitude Star

模型倶楽部六等星のHPです。当サイトは著作権を有しています。コピーライトの表記も一応していますが、画像・意匠・ロゴ・リンク、その他すべての創作物において、無許可の使用を禁止します。