家族モデラー ~ケンイチロウの流儀~

当サークルが大切にしているものが2つある。

「ジュニアモデラー」、そして「家族モデラー」だ。

もし、あなたの家に、一番のお手本がいたら、模型生活はどうなっていただろう?


筆者は、近くの模型店に飾られていた名前も知らない先輩モデラーの作品を眺めて育ってきた。

父親は技術畑の人間だったが、まるでプラモデルとは縁がなかったからだ。


模型情報・プラモ狂四朗が全盛期の時代、自分の見本はそこにいた。

パテを溶かずに合わせ目に塗りたくり、独学で失敗を繰り返しながら、ここまで歩んできた。

今、インターネットはとても身近なものになり、検索すれば大抵のノウハウは知ることが出来る。


それでも、知ることが出来ないことがある。

「実際に生で作業が見れる、生きたお手本がいる」と言うことだ。


ケンイチロウ家は、一家でプラモデルを制作している。

少子高齢化の中、次の世代を育てないと、業界の尻つぼみの未来を容易に想像出来る。


仕事もプライベートも家族サービスも全力投球なパパモデラー、ケンイチロウ。

11/11(土)地元、八潮展示会で、このオール筆塗りのグフと共にお待ちしています。




Sixth Magnitude Star

模型倶楽部六等星のHPです。当サイトは著作権を有しています。コピーライトの表記も一応していますが、画像・意匠・ロゴ・リンク、その他すべての創作物において、無許可の使用を禁止します。