お洒落でしゃれた作品を目指して ~えび~

関西「AOペインティング!」の主催の1人でもあり、

オシャレで可愛くシャレの効いた模型作りを目指すモデラーがえびである。


当サークルには、

えび、くまぺー、オニやん

という、三者三様の色彩の魔術師が在籍している。


Instagramでは「えびカラー」として、その独創性とセンスが称賛されているが、

本人は「センス」という一言で片づけられる事を極端に嫌う。


洒落とは、本来垢抜けて、気の利いていること。

洒落の利いていることを洒落る(しゃれる)と言う。


本来の語源は、「曝れる(しゃれる)」つまり、

「曝(さら)されて余分なものがなくなった」ことを指すのだ。


Twitterでも、ハンマ・ハンマが雑誌編集に大絶賛を受けていたが、

「一見、小馬鹿にしたようで、計算し尽くされた彩りが素晴らしい」

膨大な時間と努力を積み重ね、無駄をそぎ落としたからこそ、洒落が効いているのだ。


「基礎があってこその洒落」

腕の伴わない作品とは、えびの作品は、ここが決定的に違う。


努力と経験に裏打ちされたセンスで、設定色をブレイクスルーする。

これが「プリマクラッセ」というやつだ。


関西のまるちや、モデフェスの経験値も踏まえた進化し続けるお洒落モデラー。

GWBC2年連続予選突破の実力は、12月のSCMでご覧下さい。








Sixth Magnitude Star

模型倶楽部六等星のHPです。当サイトは著作権を有しています。コピーライトの表記も一応していますが、画像・意匠・ロゴ・リンク、その他すべての創作物において、無許可の使用を禁止します。